横浜市緑区にある産婦人科

アーカイブ:

道明寺♪

  • 2016年2月10日

今日のおやつは『ぜんざい』。

 

大納言小豆をじっくりコトコト灰汁をとりながら二時間程煮て、

20160208_161107

お餅は今回は道明寺を使いふっくらと。

20160210_150203

 

そしてここでひと工夫(^^)

 

旬の百合根をシロップ漬けにし、

20160208_134928

 

まわりに散らしてみました~♪

DSC_0593

う~ん、白、白なので次回は道明寺を紅くしようと思います(^^;

 

ちなみに道明寺はお餅を砕いて乾燥させたものですが名前の由来が気になり調べた所、大阪府の道明寺というお寺の名前でした。

 

サンドイッチはサンドイッチ伯爵、たくあんは沢庵和尚にしても、その人や寺の名前がその料理名になるって本当に凄いですよね☆☆

 

ということは、このぜんざいも『ザ☆松井』とか『松井2016♡』とかにならないかな~。

いやならないな‼(笑)

おでんにちまき♪

  • 2016年2月6日

今日の昼食はおでんとちまき☆☆

 

始めにおでんから。

20160206_095014

具材は玉子焼きを焼いて、結び白滝、生揚げ、ちくわぶ、はんぺん、ちくわ。20160206_121451

味付けは昆布と鰹出汁、料理酒、薄口醤油、昆布塩で。

 

次にちまきの具材を。チャーシューは香り付けの八角を加え4時間じっくりトロトロに煮て、うずらも軽く煮ます。20160204_145653

干し椎茸と筍も煮て、20160206_104728

フライパンで葱、干しエビを炒め、前の晩から浸しておいた餅米、干し椎茸の戻し汁、チャーシューのタレ他を加えよく餅米に吸わせます。20160206_105628

竹の皮に餅米と具材を詰めて、イグサの紐で縛り蒸すこと30分。

20160206_112351

中華ちまきの完成‼

DSC_0582

 

サラダとおでんと一緒に♪♪DSC_0584

今回は先日の餅つき大会の餅米が残っていたので作りましたが、また春になったら今度は堀り立ての筍と生の皮で作りたいと思います(^^)

節分♪

  • 2016年2月3日

節分なので『恵方巻』を作りました。

 

玉子焼きと柔らかく炊いた穴子煮を作り、

20160202_101545

 

具材は市場で仕入れた新鮮なサーモン、ズワイガニ、ネギトロ、とびっこ、そして穴子煮、玉子焼きの海鮮恵方巻。20160202_112145

DSC_0567

本当は切ってはいけないのですが、カロリーオーバーなので(^^;DSC_0569

 

その他縁起物ということで豆竹輪煮、鰯のつみれ汁、ミニそばの『恵方セット』にてお出ししました~☆☆DSC_0570

その年の恵方(神様がいる方向)を向いて、しゃべらず食べると良いとされている恵方巻。

 

皆様にも幸運が訪れますように~♪♪

バレンタインレシピ♡③

  • 2016年2月2日

チョコレートレシピ最後の今日は『チョコティラミス』。

 

ちょっと行程作業は多いですが、スポンジさえ買って来れば簡単です☆☆

 

(材料)※16人前マスカルポーネチーズ1箱分

20160128_134457

〈スポンジ〉

(材料)薄力粉20g グラニュー糖47g 卵2個 ココア10g バター10g

①ボウルに卵を割りグラニュー糖を少しずつ加え、これ位もったりするまで混ぜます。

20160128_100832

②型に入れ180℃のオーブンで10分焼きます。真ん中に串を刺して付いてこなければOK。

20160128_102852

〈コーヒーシロップ〉

(材料)コーヒー15g グラニュー糖30g 水100cc

③コーヒーシロップの材料を鍋に入れ煮詰め冷まし、

20160128_141308

スポンジ全体にかけ浸み込ませます。20160128_144234

〈チョコクリーム〉

(材料)生クリーム200g チョコ50g

④生クリームを泡立て、湯煎で溶かしたチョコを合わせます。

20160128_142344

〈マスカルポーネクリーム〉

(材料)マスカルポーネチーズ250g 牛乳200cc ココア10g ゼラチン7g

⑤ゼラチンはレンジ対応の容器に大さじ1の水を入れふやかします。鍋に牛乳を入れ沸騰しない程度に温めココアを入れ混ぜ、ゼラチンをレンジで15秒程温め鍋に加え、マスカルポーネチーズを合わせさらに混ぜます。

20160128_142835

⑥⑤が冷めたら④と合わせ型に半分流し入れ、コーヒーを浸み込ませたスポンジを乗せ、さらに残りを流しスポンジをサンドし、

20160128_150423

冷蔵庫で冷やし完成。

20160128_150720

お皿にスプーンですくい表面にココアパウダーを振りかけて♪♪DSC_0537

プレゼント用にする時はプリン等の容器で作ると良いかと思いますが、生菓子ですのでお早めに~(^^)

バレンタインレシピ♡②

  • 2016年2月1日

『半熟ショコラ』

(材料)幅24.5cm×奥行き8.5cm×高さ5.5cm型分

チョコ274g バター15g 卵黄4個分 卵白4個分 グラニュー糖160g コーンスターチ37g コーヒー2.2g

20160129_110035

①ボウルで卵黄、半量のグラニュー糖を混ぜ、湯煎で溶かしたチョコ、バター、大さじ1で溶かしたコーヒーを全て合わせます。

20160129_111411

②別のボウルで卵白に残りの半量のグラニュー糖を合わせ混ぜ、逆さにしても落ちない位のメレンゲを作ります。

20160129_112558

③、①に②のメレンゲを三回位に分け、サックリと泡がなるべく潰れないよう合わせます。

20160129_112737

④型に入れ110℃のオーブンで1時間50分焼きます。20160129_131300

⑤真ん中に串を刺してくっついてこなければラップをして冷まします。

 

飾り付け用の〈クロッカン〉作り

(材料)バター25g くるみ50g グラニュー糖 薄力粉 20160130_142311

①バターとグラニュー糖をよく混ぜ、砕いたくるみ、薄力粉を全て合わせます。20160130_142922

②クッキングシートに薄く敷き180℃のオーブンで約20分。20160130_143340

↓これ位の焼き色になったら、取り出し冷まします。20160130_145551

丸く成型して焼いてもこれだけで美味しい焼き菓子になります。

 

〈仕上げ〉

・半熟ショコラを型から出し逆さにし、中央に細く切った紙を敷き茶漉で粉糖を降ります。20160131_152653

・適当な大きさに砕いたクロッカンを中央に刺して完成。

DSC_0557

スライスして11枚分。低温でじっくり焼いているのでしっとりした食感の超濃厚ショコラ☆☆

 

くるみのクロッカンの飾りは、あくまでアクセントなのでなくてもOKです(^^)

バレンタインレシピ♡①

  • 2016年1月31日

いつもブログを見てくれている方より、バレンタインのレシピを載せて欲しいというご意見を頂きましたので、今日から三日間チョコを使ったお菓子のレシピをお載せしたいと思います。

 

まず初回の今日は『濃厚チョコプリン』。

 

「チョコプリン液」180cc容器4個分

(材料)卵黄3個 チョコ100g グラニュー糖22g 牛乳150cc  生クリーム150cc バニラビーンズ1/2本

20160128_153649

①鍋に牛乳、生クリーム、グラニュー糖、刻んだチョコを入れ溶かし粗熱をとります。

②ボウルに卵黄、ほぐしたバニラビーンズを入れ泡立て機で混ぜ、①を少しずつ加えて混ぜます(なるべく泡が立たないように)。

20160128_154336

③耐熱容器に分け13分蒸し、冷めたら冷蔵庫へ。

 

「チョコクリーム」

(材料)チョコ12g 生クリーム50cc グラニュー糖3g

①刻んだチョコを湯煎にかけ溶かし、泡立てた生クリームに混ぜる。

 

「飾り用の飴」

(材料)グラニュー糖25g 水50cc

①鍋にグラニュー糖と水を入れ焦げないよう回しながら煮詰めます。

20160129_172139

②これ位になって来たらあとちょっと。火を止めて余熱でスプーンを使い混ぜ、

20160129_17214620160129_172432

⬆この状態に。

③アルミホイルにサラダ油を塗り、お好きな形に垂らし冷まします。20160129_172738

〈仕上げ〉

プリンの上にチョコクリームを乗せ、飴を刺して完成。

DSC_0540

これでもかと、生チョコレートを食べてるような濃厚プリンです♪♪

 

さっぱり召し上がりたい方はチョコクリームでなく、普通のホイップクリームを乗せても良いかと☆

 

明日はチョコの焼き菓子をお載せします(^^)

湯沢野菜♪

  • 2016年1月30日

先日新潟県、湯沢町に行って来ました。20160123_124716

その帰り道、地場野菜売場立ち寄り、20160124_085751

数ある中から「ヤーコン」、「ムカゴ」、「コンニャク芋」を買ってきました。DSC_0507

「ヤーコン」はキク科の根菜で、梨に似た食感とその甘味が特徴的な野菜で、腸内ビフィズス菌を増やしお腹の調子を整える作用が。

「ムカゴ」は山芋の付け根に出来る球芽で、アミラーゼなどの酵素を沢山含み、食材の消化を助ける作用がある野菜です。

 

そしてコンニャク芋は、生から作らないと味わえない食感と風味があるので、早速コンニャクを作りました。

 

作り方はシンプルに、水の中に擦り卸したコンニャク芋を入れ火にかけじっくり練ります。

DSC_0509

粘りが出てきたら少し冷まして石灰水を投入。DSC_0512

一度冷まし固めます。DSC_0522

切り分けたら50分程アク抜きをして完成。

DSC_0530

 

ヤーコンは岩塩でさっと炒め、ムカゴは素揚げで、コンニャクは生姜醤油で刺身コンニャクにてお出ししました~♪♪

DSC_0533

ヤーコンはこの他ウド、ゴボウと合わせたキンピラに、

20160130_141525

コンニャクはまだまだあるので、この他筑前煮や雷コンニャク、

20160130_164312

コンニャクステーキなどに使用したいと思います(^^)

 

飽きられない程度に(笑)

元気100倍‼

  • 2016年1月28日

今日は久しぶりにデザートをお載せしたいと思います。

 

使うのはブルーベリー、ラズベリー、クランベリー。20160128_090454

こちらをグラニュー糖と一緒にミキサーで混ぜたら、しっかり立てたメレンゲと合わせ、20160128_093431

オーブンで焼き上げます。

DSC_0529

このまま温かいのをフワフワで召し上がるのも良いのですが、今回は冷やして生クリームとさらにフレッシュのブルーベリーを散りばめました。

 

『ワイルドベリーのスフレ』DSC_0532

ベリー類のポリフェノールには、抗酸化作用があるアントシアニンがたっぷり入っているので眼精疲労の回復を初め、ビタミンCビタミンEによるアンチエイジング効果等々、元気になるデザートなんです(^^)

 

また、今日は嬉しいサプライズが‼

 

患者さんから食器と一緒にお手紙が返って来ました。

20160128_133236

とっても美味しい生チョコもついて☆☆

 

感動です‼私たちが反対に『元気』を頂いちゃいました♡♡

サバカレー♪

  • 2016年1月26日

今日は市場で脂の乗ったサバを仕入れて来ました。

DSC_0515

サバカレーと言ってもサバが入ったカレーではございません。

 

まずはカレー作り。

20160125_114834

玉ねぎ、ニンニク、人参、鶏肉、海老を炒め、カレー粉にターメリック、ナツメグ、コリアンダー、カルダモンなどの香辛料を加えたらミキサーで混ぜ濾します。

DSC_0520

隠し味にココナッツミルクを入れ、濃厚カレーソースの完成♪

 

サバはソテーし、カレーソースを敷き焼き野菜と一緒に盛り付けました。

DSC_0518

 

『サバソテー カレーソース』DSC_0519

さぁ、今夜はU-23サッカー日本代表×イラク戦準決勝です。

 

この年代は未だイラクに勝ったことがないという事ですが、勝てばリオ五輪チケットも決定するだけに見逃せない一戦!

 

ボールを『サバ』いて『カレー』なゴールを‼頑張れ日本(^^)

中華粥♪

  • 2016年1月21日

今日は『中華粥』を作りました♪

 

まずはスープ作りから。

20160121_091200

 

鶏肉は皮目だけ焼きはがし、葱、生姜とじっくり茹でます。

20160121_093950

 

干し海老、干し貝柱も加えお粥を炊くスープの完成。20160121_100919

 

お米を加えお粥を炊いている間にシューマイ作り。20160121_094429

粗挽き肉に具材は、ホタテ貝柱、刻みネギ、刻み生姜、塩、酒、砂糖とシンプルな味付けに。

20160121_103300

隠し味に先程のスープを加えて包みました。20160121_111641

うん!可愛い‼

シューマイや餃子、ワンタン、春巻きとかって、包んでこうして並べた時の絵が爽快なんですよね~(^^)

 

その他、蟹玉、小松菜炒め、前日より作っておいた杏仁豆腐、中華粥の薬味に先程取り外したカリッと焼いた鶏皮、刻みザーサイ、針生姜を添えワンプレートにしました☆☆DSC_0506

中華粥には炒った松の実、アーモンド、クコの実をトッピングしてます。

 

最近中華づいているので、次はちょっと間隔あけてから中華まんを作ろうと思います♪♪

 

 

1 28 29 30 31 32 33 34 35 36 38
横浜きりがおかマタニティクリニック
pagetop